テスト投稿

ビニール温室 冬のガーデニング

冬、寒い時期はガーデニングも億劫になりがち。
私は北海道在住のため庭は完全に雪に埋もれます。庭のガーデニングはできません。
家の中はもちろん暖房をつけているけれど、夜中は室温が10度近くまで下がってしまいます。お部屋の中の観葉植物たちも寒そうでちょっと心配です。植物たちは寝る前に窓辺から部屋の真ん中に移しておいて、せめて冷え切らないようにしています。
冬の寒さから草花、植物を守るにはビニール温室がいいのかな?
昔、子供のころに住んでいた家には小さなビニール温室のようなサンルームがありました。晴れの日は冬でもぽかぽかと暖かかったのを覚えています。よく昼寝をしたものです。(笑)
ああいうミニサイズ、コンパクトなビニール温室はないかな?と探してみたら、ありました。
ビニール温室 続きはこちらから

光る砂利

光る砂利、ルミナストーンのご紹介です。
光る砂利とは、蛍光塗料を玉砂利に塗って暗い所で発光するようにした砂利のことです。まさに光る砂利
光る砂利は青や緑の幻想的な色に光る、魔法の砂利です。
光る砂利はお日様の光や蛍光灯の紫外線を吸収して、光るのだそうです。
光る砂利はもとが玉砂利だから、和風のガーデニング、洋風のガーデニングどちらにも似合いそう。
光る砂利の青系の光は、ガーデンライトや灯篭のオレンジ系の光とはまた一味違った演出が楽しめます。
光る砂利のガーデニング使用例は、こちらのサイトが良いなと思いました。
光る砂利、ふつうの敷き砂利のほかに植木鉢にもいいですね。
光る砂利の蛍光剤は人体にも植物にも無害な成分を使っているとのこと。
光る砂利ではこちらのルミナストーン・シリーズもなかなかいいですね。
光る砂利にはルミナストーン以外にも、ブライトストーンというのもありました。
この光る砂利は玉砂利ではなく、ロック型など変わり種の光る砂利です。

光る砂利は使いすぎるとちょっと派手になってしまいそうだけど、ワンポイントで敷けばガーデニングのアクセントになると思います。
それに、昼と夜でお庭の表情が違うなんてわくわくしませんか?
昼は落ち着いた白玉砂利のお庭、夜は幻想的な青い光のお庭。
ガーデニングの演出にイルミネーションやLEDライトもいいけれど、燃費の面からすると光る砂利が一歩有利な感じです。

光る砂利のお値段は、蛍光材コーティングの手間の分だけ割高です。
とはいえ光る砂利はそんなに大量には使わないと思うので、問題は少なそうです。
光る砂利を一面に敷き詰めなくとも、ふつの玉砂利に混ぜて使うとか、工夫のし甲斐もありそうですね。
光る砂利。あなたならどこに使いますか?

イギリスのガーデングッズ

イギリスガーデングッズといえば、何を思い浮かべるでしょうか?
イギリスはガーデニングの本場。
イギリスにはガーデングッズがたくさんあります。
イギリスガーデングッズの私のイメージは、素朴でちょっとアンティーク調な雰囲気です。
イギリスガーデングッズ、ガーデニングと言えば薔薇が思い浮かびます。薔薇は普通の薔薇もいいけれど、ツル薔薇も面白い。
イギリスガーデングッズには、トピアリー(動物などの形に刈り込まれた庭木)や壁、フェンス、フラワーアーチにつたうツル薔薇が似合います。
イギリスガーデングッズは、ロートアイアンなどの金属もガーデニングの雰囲気にマッチします。
イギリスガーデングッズ。薔薇の咲き乱れるお庭なのに、無機質な金属も合うなんて考えてみれば不思議ですね。
イギリスガーデングッズ・・・・不思議といえば、ガーデニング、イングリッシュガーデンは、「不思議の国のアリス」のトランプ城のお庭が気に入っています。迷路になった庭木、木陰から見え隠れするトランプ兵の槍。
イギリスガーデングッズには、素朴ながらも少しばかりの鋭さもあるように思います。
イギリスガーデングッズ、金属が似合うのはそんな理由からでしょうか。
イギリスガーデングッズで「不思議の国のアリス」を思い起こさせるガーデングッズをいくつかご紹介してみます。
イギリスガーデングッズ 続きを見る、からご参照くださいませ。
イギリスのガーデングッズ 続きを見る

ガーデングッズとアンティーク

ガーデングッズアンティーク品は、実際にガーデン・ガーデニンググッズとして使うものと、ディスプレイ用とに分かれます。
ガーデングッズアンティーク、実際に使用するものとしては、ブリキの植木鉢カバーやその他、装飾品としてのガーデンオーナメント。
ガーデングッズアンティークはこの「ガーデングッズ ナビ」でもいくつかご紹介させていただきましたが、実際に使う品の方です。
詳細は「ガーデングッズ アンティーク」のカテゴリからどうぞ。
ガーデングッズアンティーク品を探していると、いい感じに古びたものをいろいろと見かけます。
ガーデングッズアンティークは、スコップやじょうろなど、本来であれば実用品であるガーデングッズでも、ディスプレイ用、装飾用として販売されているものも多々ありました。
ガーデングッズアンティーク、ディスプレイ用は室内インテリアでもOKだったりするようです。
また、ガーデングッズアンティークでもディスプレイ用は本当の年代物、実用もできる品はアンティーク風の現代のもの、ということが多いです。
ガーデングッズアンティーク、年代物でも実用されるのは、ガーデンファニチャー(お庭用の家具、ガーデンテーブルやガーデンチェアなど)です。
ガーデングッズアンティークを、装飾品と見るか、アンティーク調の実用品と見るか?この辺りは、好みの別れるところかもしれませんね。
ガーデングッズアンティーク、私は飾るだけではなく、実用性もあるグッズが好きなので、どうしてもそちらに重きを置いて紹介してしまいます。
ガーデングッズアンティークで、素敵なものを見つけても、ディスプレイ専用だとちょっとがっかりしてしまうくらい。
でも、それだけガーデングッズアンティーク、ディスプレイ用も素敵なグッズが多いんですよねー。
ガーデングッズアンティークアンティーク調のガーデンチェアをひとつだけ、ご紹介しておきます。実用品です。
アンティーク チェアを見る」から、どうぞ。
アンティーク チェアを見る
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。